シロアリの被害に遭わないための防蟻工事・リフォームは八風白蟻科学にお任せください!

フリーダイヤル むし なくなる
0120-64-7976 受付時間 9:00 〜 19:00 【年中無休】

あなたの家にあわせた対策ができる工事方法のご案内

バリア工法

もっともポピュラーな施工方法です。床下に入り木部と土壌それぞれに専用の薬液を吹き付け、防御層を形成して、白蟻が侵入しても薬液の効力がある間は被害に遭わなくする工法です。

〈 木部処理 〉駆除・防蟻の効果はもちろん、防カビ・防腐のための成分も配合されているので、腐朽菌(カビ)の発生による健康被害や、腐れによる木部の劣化も防いで白蟻の食害から守ることがができます。

〈 土壌処理 〉土やコンクリート面などに吹き付け、薬液を浸透させる事で防御層が形成され、白蟻の侵入を防ぎます。

ベイト工法

専用の器具・ベイト剤(毒エサ)を使用し、建物の外周に設置して維持管理を行い、すでに被害に遭っている家や、施工完了後に作られてしまう白蟻のコロニー(巣)を駆除する工法です。

バリア工法や発砲施工法のように、建物内で薬液・薬剤を使用しないため、ご家族にアレルギー・シックハウス症候群・化学物質過敏症などの体質の方がいたり、エアサイクルなどの設備が備わっている住宅であるために、白蟻防除の工事が出来なくてお困りの方にピッタリの施工法になります。またマンション・コーポなどの集合住宅で、維持管理作業が難しい物件にもお勧めです。

土壌表面皮膜形成工法

床下のしつこい湿気対策と、白蟻防除を同時に解決できるハイブリッドな工法です。今までに様々な対策(床下換気・調湿剤・炭など)を施したのにも関わらず、その効果が得られなかった住宅におススメです。水性アクリル樹脂による強固な防湿・防蟻皮膜を形成し、土壌面から放出される湿気を大幅に抑え、床下に発生する『腐朽菌(カビ)』やそれによる『木部の腐れ』を抑制し、さらに処理層に含まれる防蟻剤がシロアリの侵入を防いで建物を蟻害から守り、カビによる健康被害からも守ってくれます。

テクノガード

被害の状態、健康状態、周辺環境にあわせた工事が
できるように取り揃えているので、
あなたの家や家族にピッタリの工事ができ快適に過ごすことができます。

床下以外の部分の
防除が必要な場所の紹介

木部穿孔注入

すでに被害に遭ってしまっている土台や大引、柱部分などにドリルで穴を開けて(穿孔)圧をかけて食害のある部分に薬液を注入し、木材の内部にいる白蟻を駆除します。

タイル目地穿孔注入

床下空間の無いタイル部の中(壁の内側や床のコンクリート下地の更に下の土の部分)も普段目にすることが出来ないですが、シロアリの発生原因となる重要な箇所です。木部と同様にタイルの目地部分に穴を開け、専用のノズルを使用して下地の下の土の部分に薬液を注入してシロアリの駆除や侵入を防ぎます。浴室は一年中暖かく、また水分も多いため特に重要な場所ですので必ず処置を行います。

また上記のほかにも、防蟻と木部の防カビ効果がある当店独自の費用をおさえた工法もご用意してます。
当店では、電話やメールでの大体の見積もり・概算の金額のお問い合わせにはお答えしていません。
なぜなら、どの家も被害の状況、家のつくりや大きさ、健康状態、周辺環境に違いがあるからです。
それがわからない事にはご提案のしようが無いからです。
あなたの家にあう工法を知るためには、
まず『住環境診断』

シロアリの被害に遭いにくくする
リフォームの紹介ページは
こちらから
どんな対策をするべきか
一目でわかる
【住環境診断】の
お申込みはこちらから
万が一工事中に、お客様の家や所有物に破損などの損害を与えてしまった場合に備えて、賠償責任保険に加入して対策しておりますので安心しておまかせください。